【ワンピース941】第941話・最新話 ローが激怒!内通者の正体がまさかの…【展開予想】【第940話・第941話】【ONE PIECE】

1、兎丼荒野
チョッパーやビッグ・マムたちは、兎丼に入っていました。
「お菊ちゃん、ねむたい、腹減った…」
「そうですね、ワニザメさんもお疲れのようですし、少し休みましょうか…」
「でも、どこで休むんでやんすか?お菊ちゃん」
「この近くに、実は隠れ家があるんです…そちらに参りましょう…」
お菊はみんなを隠れ家に案内しました。
「おリンさん、ここなら安心して眠れますよ…」
「お菊ちゃん、ありがとう、腹減ったけどねむたいからねる…」
ビッグ・マムは大きないびきをかきながら、眠ってしまいました。
チョッパーは、ビッグ・マムの様子を見てこう言いました。
「お菊ちゃん、囚人採掘場はもう近くなのですか?」
「はい、あと半日ぐらい歩けばつけると思います。」
「半日か…今、囚人採掘場がどうなっているのか、ちょっとみてきたいと思うんだ…ビッグ・マムが眠っている間に…すぐ戻るから…」
そういうと、チョッパーは隠れ家を出て行きました。

2、兎丼囚人採掘場
ルフィたちの前に突然現れた、雷ぞうとカリブー、ルフィはカリブーに、囚人採掘場の周囲が、どのようになっているのかを、探ってくるように言いました。
すると、しばらくして戻ってくるとこう言いました。
「面会人を連れてきたぜ!」
カリブーがそう言うと、
「ルフィ!」
とチョッパーが出てきました。
チョッパーは、ルフィを見るなり話し出しました。
記憶喪失のビッグ・マムと一緒にこちらに向かっていること、その目的はお汁粉を食べること、ビッグ・マムは記憶喪失だから、今までのビッグ・マムとは違い、非常に従順であること、だから刺激はしない方が良いこと、記憶喪失をうまく利用することができれば、味方にできるかもしれないことなどです。
ルフィはそのチョッパーの話を聞いて、ビッグ・マムとカリブーの能力を使って、兎丼囚人採掘場をぶっ潰す作戦を考え始めました。
ルフィは、チョッパーになるべくゆっくり穏やかに来るように話し、帰るように言いました。
「さあ、面白くなるぞ!」
ルフィはそういうと、ニカッと笑いました。

3、真犯人
「キャプテンは…信じてくれるかな…」
「おれたちのキャプテンだ…きっと信じてくれる…」
「キャプテン…おれたちは…ここだよ…」
牢屋の中でベポたちは、話をしていました。
そんな時です。
「お前たち、ここにいたのか…遅くなって悪かった…逃げるぞ!」
ベポたちの前に、ローが現れました。
「えっどうやって…」
「そんなこと、どうでもいい、急ぐぞ!」
ローはそういうと、ROOMを使ってベポたちを、牢屋の外に出しました。
「キャプテン、ごめん、おれたち話してないよ!」
「ああ、わかってる!」
「でも、なんで捕まったんだ」
「おれたち、キャプテンから預かったという手紙をもらったんだ。」
「そして、その手紙の通りの場所に行ったら、捕まっちゃったんだ」
「罠だったんだよ」
「その手紙は誰からもらったんだ…」
「それは…みんなの知ってる人…」
そういうと下を向いてしまいました。
次号に続く