【ワンピース940】第940話・最新話 確定フル!最新情報と感想まとめ【ONE PIECE】

1、第940話情報
タイトルは「反乱の種」だそうです。
最初はえびす町です。
トの康がやってきて、カン十郎やしのぶと再会するシーンからです。
あの通り、自由奔放な様子でお喋りに花が咲いたようです。
以後は、ルフィたちの話になります。
アルパカマンを倒し、ヒョウ爺から覇気を学べることになったルフィは、敵に触れることなく武装色の覇気を使い、敵を倒す特訓を続けていきます。
しかし、もっと強い相手を倒したくて、覇王色の覇気で全ての敵を倒してしまいます。
ルフィと一緒に戦っているヒョウ爺は、ルフィの覇気の使い方を確認しながら、ここから脱出する方法を考えていました。
河松は、その様子を見ながら、相撲を取りたくてウズウズしているようでした。
また、雷ぞうがカリブーとともに現れました。
そしてついに、チョッパー、モモの助、お玉、お菊、ビッグ・マムたちが兎丼囚人採掘場に到着しました。

2、第940話考察
今回のお話の中で、一番はビッグ・マムの兎丼囚人採掘場到着になるでしょう。
ビッグ・マムとルフィが再会したとき、ビッグ・マムに何か変化はあるのでしょうか。
それよりも、お腹もかなり空いていると思いますし、まずはお汁粉でしょうか。
個人的には、ルフィとよりも、兎丼囚人採掘場で、ビッグ・マムに初めて会う人たちの方が騒ぎ出して、それについて困惑するようなビッグ・マムがいるような気がします。
そして、それが原因で少しずつ、自分を思い出してくるのかもしれません。
ただ、自分を思い出したとしても、今まで、ワノ国の惨状を見てきましたから、前のようなビッグ・マムではないような気がします。
そして、ヒョウ爺が脱獄の方法を考えていましたから、ビッグ・マムたちがその鍵になるかもしれません。

カリブーの登場にはちょっとびっくりでしょうか。
雷ぞうが持っていた鍵は、カリブーの鍵だったのでしょうか。
カリブーたちが、大相撲インフェルノに関わってくる可能性があるかもしれませんね。

河松も、あと少しで登場しそうですね。
そして、牢屋から出てきたら、きっと相撲をしたくてうずうずしていましたから、大相撲インフェルノに参戦してきそうですね。
ただ、13年間、牢屋の中にいましたし、食べるものも魚だけでしたから、体力的なことが心配になると思います。

日和の登場で、主なキャラクターが揃ってきましたが、まだ正体がわかっていないのが、丑三つ小僧と傳ジローですね。
おそらく、もう登場しているキャラクターだと思います。
丑三つ小僧については、トの康だと思います。
小紫だった日和からお金をもらい、貧乏なワノ国民にあげていたのだと思います。
おトコはトの康の子供だと思います。
そこで、小紫はおトコと仲良くなったのだと思います。
傳ジローについては、トの康や狂死郎が怪しいと考えています。