【ワンピース考察】ゾロが最終的に手にする3本の刀は〇〇だった!?【ONE PIECE】

1、ワンピース世界での刀
ワンピース世界での刀の価値については、全部で5つのランクに分かれているようです。
一番上のランクから「最上大業物」「大業物」「良業物」「業物」「普通の刀」となります。
「最上大業物」は12工、「大業物」は21工、「良業物」は50工あるそうです。
ここでの「工」は「本」ということですので、それぞれが本数を表しています。
そして、刀にも「黒刀」という種類があったり、刀工たちの一派である「鬼徹一派」というものがあります。
この「鬼徹一派」が作った刀は「妖刀」といわれています。

2、秋水は返すのか
さて、ゾロは三刀流ですから3本の刀が必要です。
1本目の刀、「和道一文字」はくいなの形見でもあり、ゾロが世界一の剣豪になると、くいなとの約束もありますから、この「和道一文字」は最後まで手放すことはないと思います。
2本目の刀、「三代鬼徹」ですが、この刀についてはランクアップしたものを、手に入れる可能性があると考えます。
「二代鬼徹」は、ルフィが飛撤のところから持ち出してしまい、捕まってしまったため現在は行方不明です。
「初代鬼徹」は、あの五老星の1人が持っている刀に似ているといわれていますが、絶対そうだという確証はありません。
個人的には、こう考えます。
現状、一番近いところにあるのは、「二代鬼徹」ですし、ルフィが持ち出したということも、ゾロが「二代鬼徹」を手にするという伏線かもしれません。
なのでまずは「二代鬼徹」を手に入れると思います。
しかし、その後はやはり「初代鬼徹」を手にするようになるのではないかと思います。
3本目の刀、「秋水」は牛鬼丸にうばわれてしまい、あるべきところに戻されてしまいました。
ゾロは取り戻しに行きたそうにしていましたが、個人的には、ワノ国のリューマのお墓に戻すのではないかと思います。
今後の展開の中で、「秋水」については、ワノ国の国宝だし返した方が良いという気持ちになる展開があるような気がするのです。
それは、ゾロが本当に刀を大切に思っているからです。
ゾロ自身の「秋水」への思いもあるかとは思いますが、ワノ国の人たちにとっての「秋水」への思いが、ゾロにも感じられて、そのワノ国の人々の「秋水」への思いに、ゾロが「秋水」を返した方が良いと考える展開です。
そうなると、新しい3本目の刀と、今後出会う可能性が出てきます。

3、刀のモデルから秋水の代わりを考える
現在、ゾロが持っている刀にモデルはあるのでしょうか。
日本には、天下五剣をはじめ名だたる名刀がたくさんありますね。
和道一文字について色々調べていたら、全長110㎝、刀身約73㎝と、色は白という、レプリカの画像を見つけました。
刀身が約73㎝という長さは、太刀の種類に属します。
ゾロは和道一文字を口にくわえますね。
なので、大太刀ではないと思いますので、太刀ということで考えて良いと思います。
太刀で、和道一文字のモデルになった刀を挙げるとしたら、刀工の一派で「福岡一文字」という刀工の一派の刀をあげたいと思います。
「福岡一文字」は、鎌倉時代の初期に興った備前国の刀工の一派です。
華やかな匂い出来丁子乱れの刃文が特色で古来より珍重され、国宝に指定されているものが多く、和道一文字も大業物21工の1本ということですから、似ていますよね。
福岡一文字が作刀した中に「日光一文字」という刀があります。
個人的には、この刀が和道一文字のモデルではないかと考えています。
根拠としては曖昧になってしまうのですが、刃文や刀の形状が似ているかなと感じたからです。
「三代鬼徹」は妖刀でしたね。
日本の刀の中で妖刀といえば「村正」になります。
「村正」は徳川家にとって災いをもたらす刀でした。
徳川家康の祖父である、松平清康が殺害されたときの刀が村正だったので、それ以降、徳川家の人間は「村正」に命を奪われる場面に遭遇しました。
「村正」は正宗と並び称されるほどの、一般に最も知名度の高い刀工の一人です。
村正の刀が最も称賛されるのはその凄まじい斬れ味で、その実践力から天下の業物といわしめているようです。
妖刀と言われる所以は、このようなエピソードもあるのでしょうが、その覇気を感じさせる外観が妖刀伝説に説得力を与えたのではないかともされています。
「三代鬼徹」そして、鬼徹シリーズは、この「村正」がモデルたと思います。
「村正」は初代以降から六代続いていますし、「千子村正」「妙法村正」「春畝村正」と村正と名前がつく刀も複数あります。
シリーズとはいいませんが、シリーズみたいなものではないでしょうか。
「秋水」は黒刀、乱刃、大逆丁子という特徴がありましたね。
日本刀で、乱刃とは刃文のことを指していて、直刃ではないもののことをいいます。
大逆丁子の丁子というのは、乱刃の種類をいいます。
この逆丁子という刃文の作刀で有名なのが、備前一文字派、備中青江派、片山一文字則房といわれています。
備前一文字派は、先ほどお話した「福岡一文字」と同じ一文字派です。
一文字の「一」は天下一の一という意味が込められているそうです。
「秋水」もワノ国では天下一の刀だと思いますし、ゾロのくいなとの約束も世界一の剣豪ですから、やはり秋水を返した後は、この一文字派の刀がモデルになるのではないかと思います。