【ワンピース938】第938話・最新話 第四の覇気の存在…覚醒する二人…(展開予想)【ONE PIECE】

1、第937話おさらい
・ルフィたちの大相撲インフェルノが行われていますが、ルフィは、レイリーからの教えを思い出しながら、覇気をさらに進化させて使いこなすことを考えていました。
・鈴後では、弁慶風の大男が秋水について話を始め、その話を聞いたゾロは何かを思い出します。
・ゾロと弁慶風の大男は、女性と子供の助けを求める声を聞きます。
・その声は、子供の方はおトコで、おトコを抱えていた女性は、腕から血を流していました。
・おトコはこのような状況であるにも関わらず笑っているので、ゾロは状況がつかめず戸惑いますが、女性が怪我をして血を流しているところから、その深刻さを理解します。
・おトコと女性を追ってきたのは人斬り鎌ぞうで、ゾロは人斬り鎌ぞうと対峙、鬼斬りを繰り出しますが、ゾロも人斬り鎌ぞうにやられてしまい、かなりの怪我をしてしまいます。

2、第938話展開予想
・大相撲インフェルノはどうなるのか
ルフィは、レイリーからの教えを思い出しながら、覇気をさらに進化させて使いこなすことを考えていました。
おそらく、レイリーの覇気を手本にしようと考えているようです。
レイリーの覇気は、光線のような覇気でした。
ルフィは、レイリーの覇気の正体について、その人物が持つオーラだと考え、自分のオーラを高めることに集中します。
そして、戦いを通しながらそのコツを掴み、最終的に看守長のババヌキを、その覇気で倒します。
ババヌキを倒したことで、最終的にクイーンを土俵にあげることになりました。
雷ぞうは、河松の鍵を探しに行き、すべての鍵を盗み出し、河松を牢屋から出すことに成功します。
そんなところへ、鍵を外して欲しいとキッドもやってきます。
河松、キッドは晴れて自由の身になり、ルフィとクイーンの様子を影から窺います。
ビッグ・マムを連れた、チョッパー一行が兎丼囚人採掘場に到着します。
そして、ビッグ・マムはお汁粉をくれと話をしますが、ビッグ・マムを見た看守たちが大騒ぎになります。
その騒ぎの報告をしに、看守がクイーンのところに来ます。
クイーンはビッグ・マムが来たという報告を受け、ルフィとの戦いである大相撲インフェルノを、一時中断とすることを関係者に話をし、ルフィにビッグ・マムを一緒に倒さないかと、共闘を持ちかけます。

・花の都
ドレークやホーキンスから逃げてきたサンジやナミたちは、錦えもんの作戦がバレてしまったことを重くみて、錦えもんに知らせようと考えますが、そうそう時間もありません。
ドレークやホーキンス、ページワンを完全に倒すことができたら、作戦の変更を知らせることも、たやすくなるでしょう。
ベポたちのこともあるので、ドレークやホーキンス、ページワンを完全に倒すために策を練ります。
敵は、ドレーク、ホーキンス、ページワンです。
全員で一度に倒すこともできますが、それぞれが相手を決めて、確実に倒す方法が良いということになりました。
ページワンについては、ナミとロビン、しのぶで、ホーキンスについては姿を見せずにサンジが、ドレークについてはローが相手を、ウソップとフランキーでベポたちを助けることになりました。
とにかく時間はありません。
短い時間で、決着がつくようにさらに策を練り出かけて行きました。

・鈴後のゾロたち
人斬り鎌ぞうに追われていたおトコたち。
なぜ、おトコたちは人斬り鎌ぞうに追いかけられていたのでしょうか。
助けに入ったゾロと弁慶風の大男は、この事件の事情がわからないので、人斬り鎌ぞうを斬りましたが、事情を聞きたくて、命と引き換えになんでこんなことをしているのか、人斬り鎌ぞうから事情を聞き出そうとします。
そんなところへ、弁慶風の大男の師匠であるという男が、秋水を持って現れます。
その人物は、傳ジローと名乗り、秋水はお前には渡さないと、ゾロに向かって話します。
ゾロは、秋水はこれからの戦いに欠かせないものだから、返して欲しいと傳ジローに話をします。
しかし、傳ジローは、秋水は自分がこれからある戦いに使う刀だから、ゾロには渡せないと話をします。
そしてどうしても秋水が欲しいのであれば、俺を倒して奪っていけと傳ジローはゾロに話します。
ゾロは、そのある戦いとはなんなのかを傳ジローに問いますが、傳ジローは答えません。
ゾロは、その戦いについて、火祭りの夜の戦いかとさらに傳ジローに問いかけます。
傳ジローは答えませんが、ゾロはそれなら味方だと話し、それでも戦うのかとさらに傳ジローに問いかけました。