【ワンピース937】第937話・最新話 ギア5の片鱗…ルフィ戦闘モード!(展開予想)【ONE PIECE】

1、第936話のあらすじ
では、第937話の予想をする前に、第936話のあらすじを見てみましょう。
前回、河松に会った雷ぞうは、河松を助けるために、牢屋の鍵と手錠の鍵を、ルフィのことを案じながら探しに出かけます。
クイーンは盛り上がることをしたいと、ルフィたちの公開処刑を決めます。
その方法が、爆発する首輪をつけられ、2人1組で相撲をするというものです。
そして勝ち続けなければなりません。
降伏して仲間になれば、ルフィだけは助けるという内容でした。
ルフィたちの相手は、多数で武器もあり、首輪もありませんので、ルフィの手錠ははずしても良いということになりました。
そのおかげもあって、覇王色の覇気で一気に相手を倒してしまい、次の相手を要求するといった様子を見せていました。
一方湯屋では、ナミたちがドレークたちに見つかってしまい、逃げることになりました。
その場には、ホーキンスもいました。
その湯屋にはサンジも潜んでいて、逃げることになりました。
また、ローを捕えるために、ベポたちが捕まっていることも判明しました。
刀泥棒を追っていたゾロは、その刀泥棒と対峙することになりました。
相手は、弁慶に似た大男で、ゾロから奪った刀は秋水でした。
弁慶に似た大男は、秋水はワノ国の伝説の剣豪リューマのものだから、リューマの元に返したとゾロに話をします。
しかしゾロは、そんなことは知らないと、その弁慶に似た大男の話を聞き入れません。
そして、弁慶に似た大男が持っている刀の数々に興味を持ち、武器が必要だからと刀を構えます。
そしてその弁慶に似た大男も、返り討ちにしてくれる!と、二人の戦いが始まります。

2、第937話の展開予想
ルフィは、やはり覇王色の覇気が使えると、強い部分がありますね。
海楼石の手錠のおかげで、ずいぶんトレーニングができていたようです。
今後の展開として考えられそうなことは、あらかたの相手を倒してしまい、クイーンのことを相手として、引きずり出してしまう可能性があるということです。
クイーンが相手になったときに、雷ぞうや河松がルフィに加勢してくれる可能性があると思います。
雷ぞうは、河松のために牢屋の鍵と手錠の鍵を探しに行きました。
雷ぞうのことですから、ルフィの鍵を探したときのように、抜かりなく探すことは可能であると思います。
ただ心配なのは、一度雷ぞうに盗まれているわけですから、二回目がないようにソリティアたちも、抜かりがないようにしていると考えられるので、ルフィの鍵を盗み出したときのようにいくかどうかは難しいかもしれません。
しかし、なんとか鍵を盗み出し河松を牢屋から出して、雷ぞうとともにルフィの加勢をすると思います。
湯屋から逃げたナミたちは、また、アジトに戻ってきて態勢を立て直します。
ドレークとホーキンスは、ステルスブラックには気がつきますが、それがサンジであるということには、気がついていませんし、蕎麦屋であるということにも気がついていません。
また、ステルスブラックを利用した作戦を立てると考えられます。
弁慶に似た大男と戦うことになったゾロですが、戦いの中で、相手の素性を知ることになるのではないかと考えます。
ウソップが配ってた絵を受け取ったキャラの中にも似た人物いましたが同じでしょうか。
また、そろそろチョッパーたちとビッグ・マムも、兎丼囚人採掘場に到着するような話もあるかもしれません。
それであれば、兎丼囚人採掘場は大騒ぎになるでしょう。