【ワンピース考察】海に沈められたビッグ・マムを救った者の正体がまさかの…【ONE PIECE】

1、ナポレオンとは
ナポレオンは、ビッグ・マム自身の魂が与えられた特別なホーミーズで、二角帽です。
二角帽とは、角が2ヶ所ある帽子のことで、18~19世紀頃に、海賊もそうですが、軍人、更には一般人もかぶっていたようです。
そしてナポレオンは、念波をキャッチしたり、刀の刃に移ったりもできることから、いろんなものに魂を移動させることが自ら可能と思われます。
このビッグ・マム自身の魂が与えられた特別なホーミーズは、ナポレオンの他に太陽のプロメテウスと雷雲のゼウス、化身といったものがいます。
ゼウスは現在、ナミの手にありますね。

2、海に沈んだビッグ・マムを助けたのは
キングの襲来を受け、海に沈められてしまったビッグ・マム。
記憶喪失になり、現在はチョッパーたちと行動を共にしています。
しかし、悪魔の実の能力者が海に沈んだのに助かったことは、奇跡的なことといえます。
ビッグ・マム一人の力で、助かったとはとても考えられません。
命もそうですし、浜辺に誰が連れてきてくれたのかというところも、明らかになっていません。
そこで考えられるのが、いまだに沈黙しているナポレオンです。
ナポレオンは、ビッグ・マムの魂を与えられた、特別なホーミーズでした。
一つの可能性として考えられるのは、瀕死のビッグ・マムを助けたのは、ナポレオンではないかということです。
今にもなくなりそうなビッグ・マムの魂を、ナポレオンが自らの与えてもらった魂を返すことで、ビッグ・マムを助けたのではないでしょうか。
ナポレオンには、いろんなものに魂を移動させることが可能だと言われていますから、その可能性はかなり大きいと考えます。
そして、あの巨体のビッグ・マムを浜辺に連れてきたのは、あの巨大なタコではないでしょうか。
ルフィのときもそうでしたが、ビッグ・マム海賊団のときも姿を見せていました。
このタコ、もしかしたらワノ国へ入国してくる人物を、精査している役割を持っているのかもしれません。
意味なく登場することはないと思います。
何かの鍵を握るタコかもしれません。
根拠はありませんが、安全な入国をはかるために、ビッグ・マムの記憶をこのタコが吸いとったのかもしれません。

3、ナポレオンは生きているのか
沈黙を続けたままのナポレオンですが、生きているのでしょうか。
ぼーっとしているという表現もありますが、もしナポレオンがビッグ・マムを助けるために、自らの魂をビッグ・マムに戻したのならば、悲しいけれどナポレオンは死んでしまったというよりは、元の二角帽に戻ったという可能性が考えられます。
そして、もう一つ致命的なことは、海水に浸かってしまったということです。
悪魔の実の能力者にとって、海水に浸かるということは命を落とすことに等しいわけですから、ナポレオンにとっても、それは同じなのではないでしょうか。
同じホーミーズのゼウスは、ナミのいうことをしっかりと聞いていましたから、ビッグ・マムの記憶喪失の影響は受けていないと考えられます。
それは、一緒にいないということもあるかもしれませんが、海水にも浸かっていないということだと思います。

4、まとめ
結論として、ビッグ・マムが助かったのは、ナポレオンが自らの魂を、ビッグ・マムに与えたから、与えてもらった魂を返したからだと考えます。
そして、浜辺まで連れて行ってくれたのは、あの謎のタコだと思います。
しかし、ビッグ・マムの記憶喪失が回復すれば、また、ナポレオンに魂を与えることが可能なのかと思いますが、ビッグ・マムの能力も、記憶喪失になってしまったことで、多少の影響はあるのでしょうか。
今後も、ビッグ・マムの様子には注目していきたいですね。