【ワンピース考察】世界政府の旗がラフテルを示していた!?【ONE PIECE】

1、ラフテルはみんなが知っている場所
ワンピースファンにとって、気になる謎の島「ラフテル」ですが、調べてみると本当に色々な意見があり、ワンピースの奥の深さを感じています。
どれが本当でも、面白い展開になるだろうと思います。
でも個人的に、こんなに意見があると、本当にあるのかなあと疑問にも思います。
実はみんなが踊らされているだけで、ラフテルなんてないんじゃないか、もしかしたら、みんながよく知っている場所ではないのかという疑問です。
では、この疑問のようにラフテルが実在しないとしたら、もしくはみんなが知ってる場所だとしたら、どこでその事実が判明するのでしょうか。
物語の性質上、途中で判明してしまったら、じゃあ今までのものはなんだったのかということにもなりかねないので、ルフィたちがどこかへたどり着くことは必要かと思います。
なので、判明するとしたら、ラフテルと思って到達した場所は、実はラフテルではないという展開だったら、そんなに違和感なく感じると思います。

2、ラフテルについての情報とは
そんなラフテルについて、今までにわかっている情報は以下の通りです。
・ロードポーネグリフが必要であること。
・そのポーネグリフは赤い色で4つあり、ゾウ、ホールケーキアイランド、ワノ国、そのほか一箇所にある。
・ポーネグリフを読み解くことができること。
・その4つに記されている4つの地点を結んだ中心にラフテルがある。
・海賊王のクルーたちしか行けない場所であること。
そしてそのラフテルへ、ただ一人だけいったといわれている人物がいますね。
それが、海賊王ロジャーでした。

3、冒険をやり直している
ロジャーのラフテルへ行く冒険については、みなさんよくご存知のことと思います。
このロジャーのラフテルへ行く冒険を考えたときに、大きなポイントになるところがあると考えます。
それは、「冒険をやり直していること」です。
最初の冒険でロジャーたちはラフテルへ行き着いたと思ったけれど、実は違っていたことが判明し、だから冒険をやり直したらしいということです。
そして再度、最初の冒険で得られた情報をもとにして、新たに冒険を始めラフテルへたどり着いたとされています。
ただ、この情報についてもはっきりとはしていません。
それはクローバー博士の、「確認した」という言葉や、ビッグ・マムの「行かれちまうなんて」という発言です。
これらの言葉を聞く限り「確認しただけでいってはいない」かもしれません。
一方、「行かれちまうなんて」というのは誰かが「行った」ということを表しているわけです。
このように行ったのか、行かなかったのか、意見が分かれているということは、事実としてはっきりしていないということだと思います。

4、世界政府の旗がラフテルを示している
今までのラフテルの情報や、ロジャーの冒険から導き出すことのできる結論としては、ラフテルと思われる場所は2つあって、ひとつは偽物のラフテルで、もうひとつが本物のラフテルといわれているものだけど、実はもう誰もが知っている場所なのではないかということです。
ここで登場するのがワンピースの世界地図です。
ワンピースの世界も実は球体です。
この球体の世界地図をよく見ると、左下の方に実は「ラフテル」と書かれた場所があります。
これは、クロッカスが言っていた、ログを辿るとすべての航路は1つにまとまる、その先にある島がこの地図にある、ラフテルという場所ということだと考えます。
でも、ロジャーたちはそこからまた冒険をやり直しています。
それは、そこが本当のラフテルではなかったから、偽物だったからです。
では、本当のラフテルがある場所はどこなのでしょうか。
それは、その偽物の「ラフテル」があるちょうど反対側に当たるところではないかと考えます。
その根拠は、ワンピースの世界が球体である以上、4つの地点を結んだ中心というのは、2つあるからです。
その反対側に当たる部分を見てみると、元海軍本部やインペルダウン、エニエスロビーなど、世界政府が管轄している地域です。
そして思い浮かぶのが、世界政府の旗に書かれているマークです。
このマークは十文字で、その中心、そして4つの先端は丸くなっています。
これは、「ラフテルがここにある」ということを示しているのではないでしょうか。
こう考えると、4つの先端にあたる部分がどこかわかれば、自ずとラフテルの場所もわかりそうです。
そう、実はもう何回も登場しているのかもしれません。
ただ、知っているのはごく一部で、他は知らないだけという展開なのかもしれません。