【ワンピース考察】革命軍に驚きのメンバーが…ドラゴン以外の“Dの一族”がまさかの…【ONE PIECE】

1、革命軍の目的
目的はズバリ「世界政府を倒すこと」です。
でもドラゴンがなぜそう決意したのかは、未だ明らかにはなっていません。
ただ一つだけ、ロジャーの処刑の時、その様子を見ていたシーンが描かれていたということが、革命軍を作るきっかけになったのではと噂されています。

2、革命軍のメンバー
総司令官、モンキー・D・ドラゴン
参謀総長、サボ
軍隊長、ベロ・ベティ、モーリー、リンドバーグ、カラス
その他の幹部、イワンコフ、バーソロミュー・くま、イナズマ
その他の構成員、コアラ、ハック、テリー・ギルテオ、バニー・ジョー、レイズ・マックス

3、強さについて
先にメンバーを紹介しましたが、そのメンバーから強さを考えてみたいと思います。
このメンバーの中には、悪魔の実の能力者が6名います。
しかしそのうちのバーソロミュー・くまについては、今はサイボーグ化されてしまい死んでしまったも同然のような形になっていますので、実質は5名ということになります。
その5名は、以下の通りです。
・メラメラの実 サボ
・ホルホルの実 イワンコフ
・チョキチョキの実 イナズマ
・オシオシの実 モーリー
・コブコブの実 ベロ・ベティ
彼らの能力を活かす作戦を立てることができたら、かなり強い軍隊と考えても良いかもしれません。
また、総司令官のドラゴンですが、その能力について明らかになっていません。
しかし、風が関係しているのではないかといわれています。
もし、風が関係しているのであれば、サボのメラメラの実の能力と合わせたら、かなりの威力を発揮しそうですね。
現時点で、不明な部分が多いだけに、脅威を感じさせますね。

4、ローは加入するのか
さて、この革命軍に以前よりローが加入するのではないかという噂があります。
その可能性はあるのでしょうか。
ローが革命軍に入るのではと考えられる理由はいくつかあります。
・生い立ちでの世界政府への恨み
ローが暮らしていたフレバンスは、琥珀が産業として成り立つ国でした。
しかし、その琥珀には毒があり、その毒が蓄積されて、人体に影響を及ぼし、死に至らしめるようになりました。
この琥珀が原因の病気は、伝染病と勘違いされ、フレバンスは隔離され王族は世界政府の手を借りて、国民を裏切ります。
他国の人たちは、フレバンスの住民を恐れ、殺してしまいます。
その中には、ローの妹も含まれていました。
そして、フレバンスは滅亡します。
・マークのつながり
革命軍には、トランプのマークが関係しているといわれています。
ドラゴンは「ダイヤ」、イワンコフは「クイーン」、くまは「キング」です。
ローは、「ハート」ではないかといわれています。
・Dつながり
ドラゴンには名前に「D」が入っています。
ローの名前にも「D」が入っていますね。
個人的には、もう生い立ちだけで、革命軍に入りたいという気持ちになるのではないかと考えますし、名前のことを考えると、明らかになっていないだけで、実はもう加入しているのかもしれません。
きっと、実は、加入していると考えます。