【ワンピース考察】モモの助や光月家の謎を解明!そこから分かる今後の展開とは!?【ONE PIECE】

1、モモの助や光月家の謎
モモの助には、ズニーシャの声が聞こえたり、ロジャーに会ったことがあるという発言や、ゾウがジャックに襲われているなど、普通感じることができないことを、感じたり見たり聞いたりできるようですよね。
このモモの助の不思議な力は、いったいどのような力なのでしょうか。
単独の力なのか、複数の力なのかはわかりませんが、この力は今後の光月家やモモの助にとっては、とても重要な力であると思います。

・万物の声が聞こえる
ズニーシャの声が聞こえたり、ゾウがジャックに襲われているなどは、この「万物の声が聞こえる」という状態なのだと思います。
この能力は、ロジャーやルフィ、そしてコビーなどにもある能力だと言われています。
そもそも、この「万物の声が聞こえる」という状態に、どうしたらなれるのでしょうか。
それは、見聞色の覇気が大きく関係しているようです。
見聞色の覇気を鍛えれば、やがて未来が見えるようになるということが判明しています。
そして、それをさらに鍛えると、万物の声が聞こえるようになると考えられるのです。
覇気についてレイリーは、「気配」「気合」「威圧」と説明しています。
そして見聞色の覇気については、この中の「気配」にあたります。
見聞色の覇気は「気配」を感じ取る力というわけです。
この「気配」について、見聞色の覇気を持っている者は、「声」という形で感じ取るときがあるようです。
そして、それが鍛えられたら、「万物の声が聞こえる」という力になるのではないかと思うのです。
モモの助にも、見聞色の覇気があるから、ズニーシャの声が聞こえたり、ゾウがジャックに襲われているということが、わかるのではないかと思うのです。
ジャックという名前だって、モモの助やルフィたちは知らないはずなのに、そう話をできるということは、そのような力があるからではないでしょうか。

・ロジャーに会ったことがある
このロジャーと会ったことがあるという発言も、年齢からみたらありえない話ですが、この能力があれば会ったように感じることはできるかもしれません。
記憶はおぼろげなような感じでしたからね。
また、他の可能性を考えれば、トキ様のトキトキの実の能力が関係しているかもしれません。
トキ様の能力で、実際にロジャーに会ったことがあるのかもしれません。

・家紋の謎
光月家の家紋についても気になることがあります。
それは、鶴のお腹にあたりにある、花のような丸い形をした模様です。
この模様は、アラバスタ王国の船やフランキーの服にもついている模様です。
これはいったいどのようなことを意味するのでしょうか。
これが解決できると、いろいろなことが判明しそうですね。
フランキーの服はさておいて、アラバスタ王国と光月家は、きっと関係がありそうですよね。
アラバスタ王国のネフェルタリ家は、空白の100年に関わりを持っていましたからね。
ある巨大な王国と関係していたと思われる光月家、そして、ネフェルタリ家は800年前、唯一下界に残った最初の20人の血族です。
そして、プルトンのことを書いてあるポーネグリフを代々守ってきています。
きっとこのことが、大きく関係していると考えられます。
「同志」ということなのかもしれませんが、ただ、現状きっとどのようなことなのかは、コブラもビビも知らないのではないかと思います。
その謎については、これから明かされていくのでしょうか。

2、今後の展開について
さて、カイドウやオロチとの対戦を控えた、モモの助や光月家の家来たち、今後どのような展開になるのでしょうか。
モモの助の、この見聞色の覇気を感じさせる力で、未来を読んで戦うのか、それとももっと違う形になるのでしょうか。
もし、モモの助個人の力をメインにしないとしたら、どのようなことが考えられるでしょうか。
一つ考えられることは、桃太郎の話です。
しっかりとキャラクターや場所も揃っています。
ワノ国には、鬼ヶ島があります。
それぞれの物語のキャラクターはこのような感じです。
桃太郎は「モモの助」、犬については「イヌアラシ」、サルについては「ルフィ」、キジについては「マルコ」、鬼については、「カイドウやオロチ、百獣海賊団」といった感じです。
マルコは、ワノ国では登場していませんが、不死鳥ということで可能性として考えてみました。
尾田先生は、色々な神話や昔話を参考にしているところがありますから、桃太郎の話も可能性の一つに含まれるかもしれません。