【ワンピース933】最新話・第933話・確定フル【ONE PIECE】

最新話、ストーリー

侍の慈悲

・オロチ城にて

オロチの正体は、ヘビヘビの実 幻獣種ヤマタノオロチでした。
オロチは、小紫に発言の撤回を求めますが、小紫は頑として聞き入れません。
オロチは、小紫への思いが捨てきれず、周囲のものに当たり散らします。
そしてついに、小紫まで食べてしまいました。

そんな暴動の中、ロビンは御庭番衆に見つかってしまいます。
「まずい!」
御庭番衆たちは、忍術で風神雷神を呼び出し、ロビンを追跡します。
そんなロビンを、ブルックがソウル状態で現れました。
巨大な骸骨に、御庭番衆たちもビックリし、一緒にいたおトコもびっくりしてしまいます。

ナミたちもロビンを助けようとしますが、背後にいたハンゾウに引き止められてしまいます。
ハンゾウは、しのぶの若かりし頃の話を始めます。
「しのぶさんも、若い頃はナミさんのように美しかった」
しかし、今のしのぶの姿を見て、やはりあなたは人違いだとしのぶに言ってしまいました。
しのぶは、その発言を聞いて切れてしまい、ハンゾウを叩きました。
そして、自分たちのいた天井裏を腐らせてしまい、オロチの上に落下してしまいました。
その時、オロチにぶつかった勢いで、オロチの口の中にいた小紫が、オロチの口の中から飛び出してきました。

そこへ、刀を持った狂死郎が現れました。

「覚悟はできているか」

そう言うと、小紫に向かって刀を振り下ろしました。
狂死郎はその時、小紫が錦えもんの絵を握っていたことに気がつきました。

その様子に、周囲は驚愕します。

オロチは、どうして小紫を斬ったのか狂死郎を問い詰めました。

「拙者の侍としての小紫に対する慈悲でござる」

狂死郎はそう答えました。

その言葉を聞いて、オロチの怒りはさらに爆発します。

「そもそも、こうなったのはあいつが笑ったせいだ!」

そう言っておトコを追いかけていきます。
ロビンは、おトコと一緒に逃げますが、とうとう捕まりそうになってしまいます。
オロチが、ロビンたちを飲み込もうとした瞬間、ナミがゼウスを召喚し、ゼウス・ブリード・テンポで攻撃をしました。
それは、城が大きく揺れるほどの大打撃でした。

・ビッグ・マムの様子

ここはおこぼれ町。
ビッグ・マムは、おこぼれ町のお鶴から食事をもらっています。
お汁粉にすっかりはまってしまったビッグ・マム。

そんな中、食べ物を求めてか、兎丼採掘場に行くことが決定します。
ウインクをして、お茶目なビッグ・マム。
ナポレオンは、相変わらず元気がありません。

決戦の日まで、あと9日!!

次号に続く